産後の抜け毛で薄毛になった髪の毛をごまかせる髪型とは?

出産後のひどい抜け毛でだんだんと頭皮が目立つくらいに薄毛になってきた時、
外出するのも恥ずかしくなっちゃうものですよね。

でも、日常的に買い物も行かないといけないし、
子供も外に出してあげないと可哀想です。

そんな時に少しでも恥ずかしさをマシにするため、
薄毛をごまかすための髪型はないのかな?と悩むと思います。

そんな悩ましいママたちのために、
みんなどのようにして髪型を工夫しているのか調べてみました。

■産後の薄毛をなるべくごまかすための髪型のポイント!

①あまりショートにし過ぎないこと!

私も経験がありますが、隙間が目立つ髪型になると、
より短いほうが目立たないのでは?と思いショートにしようとしてしまいます。

でも、ショートカットだとこまめにサロンに行かないとボサボサになりやすく、
またちゃんとセットしないとスタイルも決まりにくいです。

そして意外にも抜け毛の跡に生えてきた短い毛が目立ちやすく
抑えるのも大変でした。

ショートにするよりはミディアムくらいの長さが手入れも楽で
ごまかしやすいと思いますよ。

②前髪は作らないほうが無難!

少なくなった前髪を短く作ってしまうと、そこが少ないことが目立ってしまいます。

出来るだけ前髪は作らないように、ワンレングスか長めの前髪のほうがごまかしやすいです。
③分け目をハッキリと作らない!

くっきりとした分け目は、よけいに頭皮が目立ちやすくなります。

分け目は作っても良いんですが、ふんわりとアバウトにするほうが
薄毛が目立ちにくくなります。
このように、3つの産後の薄毛をごまかすポイントを踏まえて、
おすすめできる髪型といえば、

●長めのボブヘアで全体的にナチュラルな感じでふんわり系に仕上げる

2016y02m28d_003435987

2016y02m28d_003528319

●首元くらいまで伸ばしたボブの前髪長め

2016y02m28d_003404705

 

2016y02m28d_003333708

が良いと思います。

なるべく早く薄毛の悩みから解放されましょうね。

>>正しい産後の抜け毛解消法とは?

産後の抜け毛を少しでもカバーするための髪型とは?

産後のひどい抜け毛は正しい方法でケアをしていっても、
髪の毛の生え変わるサイクルというものがあるために
すぐにボリュームが戻るわけではありません。

その間も子供の散歩や買物などで外出しないといけないことも多いので、
何とかごまかせるような髪型はないかと探している人は多いようですね。

そんな切実な思いを持つママさんたちのために、
少しでも参考になるような髪型を作るポイントをご紹介します。

①抜け毛でスカスカになった頭は地肌も見えやすくなってますよね。

なので、それ以上に薄毛になっていることを目立たせないために
くっきりと分け目を付けることをやめます。

ぺたんこになりやすい頭頂部を含めて、できるだけふんわりと
分けるように髪型を工夫してみましょう。

②産後の抜け毛では、前髪からどんどん抜ける方も少なく無いです。

前髪がなくなると正面なだけに違和感が全面的に出てきます。

その場合は前髪を作らずに、カチューシャやターバンで隠しながら
上げてしまうのが一番目立ちにくいです。

これのほうが帽子よりもまだ、オシャレもしやすいですよ。

③思い切ってショートにしてしまうのも一つの方法です。

少ない髪の毛で長い髪だとペタンとしやすいので、
髪の毛が少なくてもふんわりしやすい短さにするのも良いかもしれません。

その時は美容院の人に相談しながら長さを決めると良いでしょう。

最後に、だんだんと抜けた場所に髪の毛が生えてくる段階で
短い毛が一杯になる時が来た場合のアドバイスです。

産後の抜け毛の後にはたくさん出てくる短い髪の毛が
ピンピンはねたりと、まとめることが難しくなるんですね。

そんな時に便利なのが天然素材のオイルです。

椿オイルやアルガンオイルなど色いろあると思いますが、
ココナッツオイルなんかも髪の毛のケアにもなりオススメです。

ただ、甘めの香りが苦手な人は使えませんけどね^^

オイルで短い髪の毛を抑えてあげると、まとめやすく
髪の毛を結びやすくもなります。